結婚式の服装のマナー「NGなのはどんな服装?」洋装・和装まで解説

服装に迷った時、一番心がけるべきことは?

服装に迷った時、一番心がけるべきことは?

立場にふさわしい服装を選びましょう

自分がどんなつながりで招待されているかを思い出し、その立場に合った服装をしていくことがとても大事です。

結婚式に集まる招待客や親族の面々は皆、お互い初対面で、その服装から新郎新婦の人柄を思い描いていくことがあるからです。

もし、自分が新郎新婦の友人でも主賓ということであれば、それらしい服装にする必要があります。

「主賓かどうか?」「友人代表として呼ばれているのか?」「会社の同僚としてなのか?」「親族なのか?」「スピーチは頼まれているのか?」など、どのような立場に自分はなっているのか確認してみましょう。

結婚式も時代によって異なり、現在は格式高くというより、アットホームでカジュアルな風潮が好まれている傾向です。

しかし、個人的なパーティの中では特段にフォーマルなのが結婚式で、結婚される新郎新婦のとても大切な日となります。結婚式参列者の中には遠方からお越しになる年配者もいらっしゃることも多いでしょう。

自分好みの偏った意見で服装を選ぶのではなく、同じ参列者に合わせた雰囲気の服装を心がけましょう。もし、どうしても服装が決まらない場合は、カジュアルダウンせずに、フォーマル度高めで決めておけば失礼に当たりません。

最近では、個性あふれる結婚式を考える新郎新婦が増加し、さらに、多様なスタイルの結婚式が行われそうです。そうなると、今までの一般的な常識が通用しない場合もあってしまいそうです。

それでも、この新郎新婦はどんな結婚式にしたいのだろうか?を考えた上で判断していくことが必要でしょう。

毛皮はNGらしいけど、その他にもNGなのはどんな服装?

毛皮はNGらしいけど、その他にもNGなのはどんな服装?

お祝いの席に不似合いな服装をよく知り、ふさわしい服装を選びましょう

洋装にする時

白いドレスは新婦とかち合うので絶対着てはいけません。オフホワイトなども遠くからは同じ白に見えるのでやめるべきです。当日は花嫁が主役なので、主役とかぶる色はNGです。

お葬式のような上から下まで全身黒づくめもふさわしくありません。新婦のご友人という立場であれば、華やかな色の服を着ると会場が華やぐことでしょう。しかし、新婦より目立たないようにし、あくまでも花嫁の引き立て役に回らなければなりません。

一般的に、洋装では柄ものより無地の方がフォーマルな感じになります。柄ものを着たい時はできるだけ細かい柄や薄い柄の方が賢明です。リゾートっぽい大きな花柄のプリントやジブラ、ヒョウ柄のようなアニマル柄がやめましょう。毛皮や皮素材も殺生をイメージさせるのでよくありません。以前はバッグや靴も布製やビーズにこだわっていましたが、現在はそこまでこだわっていません。

ニットの服はカジュアルになってしまうので、披露宴にふさわしくありません。

大きな荷物は披露宴会場に持ち込まず、クロークにあずけます。

ブーツは防寒具になりますので、たとえ高価なブランドのものでも披露宴に履いていくのはやめましょう。

おしゃれなサンダル・ミュールもフォーマルな席には相応しくありません。つま先が隠れる靴、バックベルトのある靴にしましょう。

女性の蝶ネクタイはフォーマルな席ではNGです。

タイツは黒でも他の色でもふさわしくなく、網タイツもよくありません。素足もフォーマルな席ではNGです。ナチュラルな色のストッキングを履きましょう。
男性の場合は靴下は白ではなく、黒がステキです。

特に、日中の披露宴では肌の露出を控え、夜の場合でも教会内ではボレロやショールなどを上にはおるようにします。

仕事着のようなリクルートスーツやビジネススーツもお祝いの席に相応しくありません。

どんな高級なジーンズでも作業着の部類ですから、フォーマルな席ではNGです。

和装の時

女性は絣や紬では普段着になってしまうのでやめましょう。未婚の場合は振袖、既婚の場合は訪問着が一般的です。

男性の場合、袴を付けない着流しスタイルではカジュアルになってしまうのでやめましょう。

フォーマルな服装ってどんな種類がありますか?

フォーマルな服装ってどんな種類がありますか?

正礼装・準礼装・略礼装と3種類に分かれます。

これは和装も洋装も共通してあり、正礼装・準礼装・略礼装の3つの種類があります。

新郎新婦、媒酌人、新郎新婦の両親、新郎新婦の両親の兄弟など、主役と主賓は正礼装をします。それ以外の親族、友人、同僚などは準礼装となります。

気取らない格式張らないカジュアルな披露宴の場合は略礼装でも可です。

どんな着物がふさわしいでしょうか?

どんな着物がふさわしいでしょうか?

着物の格で選びます。

和装には着物の種類で各が決まっているので、それで結婚式に着ていけるものかを判断します。

未婚の女性の正礼装は振袖ですが、お色直しで新婦が本振袖を着る場合があるので、振袖を着るなら中振袖にしましょう。

既婚の女性の正礼装は五つ紋付きの黒留袖ですが、親族以外で着ていることは少ないです。

色留袖なら未婚でも既婚でも着られる礼装で、五つ紋なら正礼装に当たり、三つ紋や一つ紋なら準礼装になります。

それから、訪問着の色無地で三つ紋以上であれば準礼装、一つ紋なら略礼装になります。江戸小紋も紋を付ければ略礼装になります。

最近では、大島紬の訪問着で披露宴に出席される方を見かけます。紬なので本来であれば普段着なのでふさわしくないと判断されますが、訪問着なので準礼装に当たるとも考えられます。

年長者からみれば、やはり大島紬は準礼装ではないと思われる可能性がありますので、着ない方が無難でしょう。ご友人だけの2次会であれば問題なさそうです。

男性の和装は着物と袴と羽織の3点で正礼装で、着物にも羽織にも黒羽二重に五つ紋の入ったものになります。三つ紋の場合だと準礼装で、略礼装なら羽織無しで、無地か紬の一つ紋に袴を付けます。

ドレスコードとは?

集まった時に一人だけ全く違う服装になってしまわないように、あらかじめ、ある程度の服装の指定をすることです。

基本的には男性にだけドレスコードは設定されますが、女性は男性にふさわしい格好をするのが常識ですから、結果的には女性の服装も指定されるわけです。

外国では主催者が考えたテーマに合わせた服装を指定される場合もあります。こういったことでパーティをさらに楽しくしたり、集まったゲストに一体感が生まれたりする演出にもなります。

スマートカジュアルとはどんなこと?

スマートカジュアルとはどんなこと?

イメージとしてはきれいめのカジュアル

高級なホテルやレストランでドレスコードはスマートカジュアルと設定している場合が増えてきました。

略礼装もカジュアルな方ですが、スマートカジュアルは礼装ではないのでもっと自由におしゃれを楽しめます。きれいめなカジュアルといった感じで、男性ならばジャケットをはおれば仕上がります。

ジャケットなしなら、襟付きのシャツで大丈夫でしょう。襟なしのシャツ・サンダル・スニーカー・ジーンズはNGです。

最近ではほとんどの会場をネット検索で知ることができるので、和風なのか、クラシカルなのかを確認し、自分はどんな服装がステキなのか想像してみましょう。

さらに、自分から視点を会場や周囲にアップさせて、雰囲気や格を合わせる意識を持てれば、マナー上級者に昇格です。

コメントは受け付けていません。