結婚式に欠席するときのマナー「出席できない場合」

結婚式に招待されることは大変嬉しいことです。

仲の良かった友達や、幼い頃から知っている親戚などからの招待を受けると、喜びもひとしおです。

しかし、そういう席だからこそ、マナーには気をつけたいものです。そこで、結婚式に招待された時やお祝いをする時に気をつけるべきマナー、がいろいろあります。

今回はその中で、特に「出席できない場合」のマナーについて考えてみましょう。

出席できない場合のはがきの出し方

投函するタイミング

結婚式の知らせをもらった後、都合が悪く参列できないことがあります。

その際、すぐに返信はがきを投函してしまうと、幸せな気持ちの新郎新婦をがっかりさせてしまいます。

届いたあと、少し置いてから投函する方が、やむを得ないという印象になり、相手の落胆を和らげることになります。そこで、1週間程してから投函するようにしましょう。

 

はがきの書き方

投函するはがきは、出席の場合と同じく、宛名の「行」を「様」にしたり、コメント欄の敬語を、二重線や寿の字で消します。

それ以外に欠席を残念に思っているという一言を添えるといいでしょう。

例えば「やむを得ない所用があり」などです。慶事のはがきなので、「病気」「怪我」「不幸」などは書かないようにしましょう・

また、「「忙しい」等の理由にしてしまうことで、結婚式の優先が後回しになった印象なため、避けたほうが良さそうです。

ほかにも事前に電話で伝えたり、手紙と一緒に封筒で出したりするとより丁寧です。

電報を送る際のマナー

電報は必ず式当日に、新郎新婦に届くようにしたいものです。
とくに大きな式場には、多くの電報が届くので、前日までに届くようにし、新郎新婦に読んでもらえるようにします。
また、最近は先に入籍をすませる方も多いのですが、新婦には旧姓で送るのがマナーです。

 

お祝いを送るときのマナー

お祝いを送るのであれば、式の1週間前までに済ませましょう。金額は、出席した場合に包む予定だった物の2分の1から3分の1ほどにします。

家に訪問できる場合は、直接手渡したほうがお祝いの気持ちがより伝わります。

また、遠方の場合は現金書留で、手紙を添えてお祝いの気持ちを伝えましょう。品物の場合は、新郎新婦のリクエストがあればそれにそうようにします。

避けたほうがいいものは、刃物、黒いもの、ガラス等です。いずれも「切る」「不幸」「壊れる」のイメージがあるためです。

ただし本人に希望があるようであれば、贈っても大丈夫です。

 

出席できない時にお花を贈りたい場合

お花を贈るのは、新居にしましょう。結婚式当日は、新郎新婦とも荷物が多くなるためです。

また式当日はお花が沢山飾られているため、せっかく花を送っても目立たなくなります。

引っ越したばかりの寂しい新居にお花がとどけば、きっと和やかになるでしょう。

 

急用で行けなくなった場合

急な出来事で、出席できない場合があります。

その場合はすぐに新郎新婦に連絡を取って、お詫びの気持ちとお祝いの気持ちを伝えましょう。

突然の欠席は、食事などのキャンセルが間に合わない場合があります。そのため、お祝いは出席する場合に包む予定だった金額を包みましょう。

せっかくのお祝いに、欠席することは大変残念です。

しかし、これらのいくつかのポイントをふまえてお祝いの気持ち、お詫びの気持ちをきちんと伝えることで、喜びの気持ちを分かち合うことができます。

そうすれば、出席できなかったとしても、お互いにいい思い出として刻まれるのではないでしょうか。マナーは、相手の気持ちに立って考えるところから始まります。

新郎新婦に対して心からのお祝いの気持ちで、あなたにできる精一杯の気持ちを伝えましょう。

コメントは受け付けていません。